ときめきお片づけ

e0006242_1715776.jpg人生がときめく片づけの魔法 | 商品情報(書籍)


東北沖地震の当日、私は洋服の片付けをしていました。

めぐろのy子」さんがブログ内で紹介していたこちらの本を参考に、家の中にあふれた物を
「ときめく」「ときめかない」で分けていく方法です。
最終的に「ときめかない」物は処分するのですが・・・


中越地震の際、壊れたものや処分したものはかなりありましたが、捨てられないものはほとんど新居に持ち込みました。
よく収納雑誌で紹介されているように物の場所を決めて配置し、自分なりに結構うまく整理整頓できていたのですが3年も経つと物があふれてきました。
なるべく買い置きはせず、食品も無駄にしないように心がけていたのですが、地震の痛手も薄れ始め、片付けもおざなりになり、週に一度と決めたキッチンまわりの掃除もだんだんおっくうに;
そして自分の好みとは異なるイタダキモノが増えてきたのです。タオルやお下がりの洋服、食器、おみやげ、細々こまごま・・・

片付けるのは大好きなのですが、あふれてきた物に対して捨てられない物が増えるジレンマ。
雑誌の収納特集をむさぼり読んでは片付けたつもりになっていましたが、「捨てる」行為はほとんどしてきませんでした。
だって地震で失ったものも多かったし、なにより「もったいない」のです。

ところがy子さんにならってこの本を読んでみたところ、ただ「捨てる」だけではなかったのです。
詳しくは本を読んでいただけたらと思いますが(説明ベタw)後ろめたさより自分の意識の問題だな、と。

片付けの途中、今回の地震で やはりもったいない!せめて被災者の方に!とも思いましたが、そんな押し付けの物資がいらないことは中越地震を経験した私が一番よくわかります。
そして もしまた家がなくなるような被害があったときに持ち出せる物は?一番大事な物は?と考えたら、自分のまわりにあるものがいかに不要な物だらけかと・・・

必要なもの、もちろん買いだめしておいても悪いことはないと思います。
特に今回のような流通の混乱があった場合も想定しておかなければならないと身にしみています。
でも持ち出せる最低限の物を考えてみた時に今持っている半分以上は「ときめかない」物が多く、そして何も利用していないことに気付きました。

必要なものを必要なだけ、そこに自分がときめく大事なものだけを集めた暮らし。
贅沢の言えない今の状況は重々わかっていますが、今後を考えて無駄なものを減らす暮らしを改めて考えたいと思います。

地震以降手付かずだった洋服の片づけを再開しました。
ときめかないものを分けたらほとんどが姉や母からのお下がりでしたwww
そんなわけで母と姉は今後私にお下がりを持ってこないでくださいwwwww
[PR]
by coobox | 2011-03-22 17:01 | *オススメ


望んだ世界、歩きつづける未来


by coobox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
*アボカド育成日記
*Cat
 ∟シヴァ
 ∟ペル
 ∟チビ
 ∟チー
 ∟野良
*Dog
 ∟マイケル&キッド&ビッチ
 ∟キン
*Bird
 ∟チロ
 ∟ツバメ
*HANA
*View
*Lighting
*person
*FACE
*poem
*あみねこ
*クロスプロセス
*芸術祭
*アルパカ
*カエル
*オススメ
未分類

タグ

(571)
(61)
(60)
(41)
(40)
(32)
(20)
(18)
(18)
(14)
(13)
(11)
(9)
(8)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)

フォロー中のブログ

vivid memories
miri's lifenote
Lounge 3am
gallery tanne
私の好きな瞬間
with Anon

以前の記事

2016年 09月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
more...

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

猫
カメラ

画像一覧