*

e0006242_11355485.jpg





e0006242_11355264.jpg

トリが死んで1週間が過ぎて、今でも死んでしまったのが信じられなくて信じたくなくて、前向きにHiBiを過ごしはするものの最後の姿を思い出しては涙するHiBi。

以前にも書いたように右目が炎症して、いつもなら病院から処方された目薬ですぐ治っていたのに今回はまったく変化無く、目薬を変えてみても悪化するばかり。抗生物質もあったけど飲み薬は吐き出してしまうので今回は飲ませなかった。
それが原因なのか、寒い日が続いたからなのか寿命だったのか。

高齢すぎるので先生もお手上げ状態で様子を見てはいたけど餌を食べなくなって毎日どんどん痩せていって
診療時間外に先生に無理言って注射してもらったり強制給餌してもらったり栄養剤もらったりしながら私もおっかなびっくり強制給餌したけどトリが必死に抵抗するので、これでさらに体力とられては元も子もないと、ただ見守るばかりでした。

それでも、少量ながらも自力で餌を食べるようになったので安心した矢先に逝ってしまいました。

15日の夜に大好きなピーナッツを1/4ほど食べ、フラフラしながらも必死に旦那の肩に登り(すぐにカゴに戻しました)元気になることを信じていましたが 翌日朝、体重を量るともう54gしかなく、ピンク色だった足も真っ青になっていてさすがにもう限界かも、と出勤前の旦那に抱っこしてもらい、ケータイの録音機能に旦那の声を吹き込んでもらい、旦那が出勤したあとも声を聞かせて元気づけられるように準備していました。
覚悟はしていたけど覚悟は出来てなかった。

洗濯機を回して干す前に実家の母に電話しようとトリカゴの前で話し始めたとたん、目の前でトリが倒れたのであわてて電話を切ってトリを抱き上げ、注射器でお水を飲ませようとしましたがぐったりしていて、録音していた旦那の声を何度も再生して聴かせましたが何度かまばたきをしてそのまま私の手の中で静かに息を引き取りました。

弱ってしまった小さなからだ。54gにまで痩せ細ってしまった軽いからだ。
悲しくて悲しくて悲しくて悲しくて。
自分の無力さがとても悔しかった。

無理やりにでも食べさせていれば、もっと早く病院に行っていれば、もっとちゃんと様子を見ていれば、もっと、もっと・・・何かしてあげられることがあったんじゃないかと。

後悔ばかりで悔しくて仕方がありません。

トリの闘病を綴られているブログも目を通しましたが、どうすることも出来なかった。
病気の本も読んでいたはずなのに最後はひたすら保温することしか出来なかった。


目の病気は風邪からくることが多いようです。
朝晩寒い日が続き、人間にはちょっと寒いかな?ってくらいでもトリには寒すぎたのかもしれません。
高齢だったのでもっと温度管理を気をつけていれば風邪をこじらせることもなかったのかも。
毎年同じ時期に目を腫らしていたので気付けるはずだったのに、薬を過信して、トリを過信して、本当に飼い主失格ですね。
最低です。

トリは病気を隠します。
餌も嘘つき食べをします。

きちんと毎日診てあげられなかった自分の愚かさが恨めしい。


死んでしまった命はどうすることも出来ません。
それでも、自分の気付かないところで死なれてしまうより、看取ってあげられただけよかったのだと思いたい。
思いたいけど、その最後の姿を見てしまったばかりに切なくて切なくて仕方がないのです。


帰ってきた旦那と知らせを聞いて駆けつけてくれた義弟と共に、その日のうちにペット葬儀屋で火葬にしてもらいました。
そのままの姿で埋めるなんてとても出来なかった。

近所に車で火葬にしてくれる業者さんがあって、24時間対応してくれて、お願いしたらきちんとお花もお香も用意してくていて、焼いた後はちゃんと骨を拾って骨壷に収めて。

人に言ったら笑われてしまいそうですね。トリを火葬したなんて。
それでも、気持ちに区切りをつけるきっかけになりました。
そのまま埋めていたらきっと掘り起こしてしまう。


お骨はまだ部屋にあります。
生きていたときと変らず毎日お水をあげ、時には青菜や果物を添え、庭の花を摘んで飾り、朝晩声をかけ、思い出しては涙するのを繰り返し繰り返し。

この年になると見送るばかりで嫌ですね。別れはいつまでたっても慣れることはありません。


飼っていたといってもこの子は私が嫁ぐ前からこの家にいて、一緒に暮らした期間は全然少なくて26年のうち私が世話したのなんてたった数年で、それでもとても愛しくて愛しくてかけがえの無い存在でした。
写真を見るたび元気だった姿や遊んでいた姿、季節の野菜や果物を一心不乱に食べていた姿や水浴びしたり飛び回ったり、そんな姿を思い出しては嬉しくなったりおかしくなったりそして涙したり。

今まで撮ったチロの写真を集めて1冊にまとめようとフィルムやデータを起こしています。
これまでブログにはデジタルデータばかりでしたので過去の姿もこれからアップしていきたいと思います。

トリバカと思われるでしょうがしばしお付き合いください。
[PR]
by coobox | 2011-06-25 12:29 | *View | Comments(2)
Commented at 2011-06-27 18:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by coobox at 2011-06-28 16:51
>鍵さん
自分の後悔を書き連ねるのはお目汚しで閲覧頂いてる皆様には大変申し訳ありません。
どうかお気になさらないでください。お言葉感謝いたします。


望んだ世界、歩きつづける未来


by coobox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
*アボカド育成日記
*Cat
 ∟シヴァ
 ∟ペル
 ∟チビ
 ∟チー
 ∟野良
*Dog
 ∟マイケル&キッド&ビッチ
 ∟キン
*Bird
 ∟チロ
 ∟ツバメ
*HANA
*View
*Lighting
*person
*FACE
*poem
*あみねこ
*クロスプロセス
*芸術祭
*アルパカ
*カエル
*オススメ
未分類

タグ

(571)
(61)
(60)
(41)
(40)
(32)
(20)
(18)
(18)
(14)
(13)
(11)
(9)
(8)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)

最新のコメント

>とっしぃ様 コメント..
by coobox at 20:33
初めまして…アボカドの水..
by とっしぃ at 22:27
>PG様 返信が遅くな..
by coobox at 15:21
>鍵コメさん! ありが..
by coobox at 11:08
>あやなんさん! お久..
by coobox at 18:15

フォロー中のブログ

vivid memories
miri's lifenote
Lounge 3am
gallery tanne
私の好きな瞬間
with Anon

以前の記事

2016年 09月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
more...

記事ランキング

ブログジャンル

猫
カメラ

画像一覧